今回もまずブラインドテイスティングしてみた。1本シャンペンではないので、まずそれを探ってゆく。3本ともブリオッシュ系のアロマあり、シャンペンらしいのでとりあえずは、右端の一番ライトな感じのものを選んだ。結果は当たり、ドイツでシャンパン方式で作られたスパークリングだった。ブドウはシャルドネ、特筆すべきはお値段。同時にテイスティングしたシャンパンと迷うくらいなのに、1000円台とはコストパフォーマンス高い。後の2本は安定のMoet et Chandon と今回はVeuve Clicquot。賛否両論のあるVeuve Clicquotだけと、Moetより深みがあるように感じる。

採点 5点満点

Brut Dargent Chardonnay 3.5点

Veuve Clicquot Brut 4点

Moet & Chandon 4点

投稿者 Gen